社長望月によるロス対策の秘訣

2018.12.04

第一回 【ロス対策レポート】

私共は、店舗のロス対策(主に量販店)を創業以来 52 年間、多くの企業様と共に取り組み、大きな成果を上げてまいりました。 各企業の体質により若干の時間差は有りましても、ほぼパーフェクトに各問題を解決し、多くのクライアントの業績が向上に転じました事は、最大の喜びで有り、誇りとするところです。 平成 26 年 9 月に九州産業大学の秋山哲男先生と共に、同文館出版社 様より『図解・よくわかるこれからの店舗のロス対策』を出版させて頂きました。 出版後は各企業様より多くの問い合せと御手伝いの要請を頂きました。とかく『ロス対策』と言いますと、暗く後ろ向きのイメージを抱きがちですが、私共は逆転の発想から、『明るく楽しく事を進め、確実に成果を上げる』を基本スタンスとして取り組んでおります。「どんな場合でも解決の 方法は有るのです!」  そこで、ホームページリニューアルとともに、このページを通じ、私共の経験を『ロス対策レポート』として月に1~2回程のペースで掲載させて頂きます。参考として頂ければ幸いです。 掲載内容については『チャンスロスの問題』も含めて御案内いたします。始めは、小売業 に於ける不明ロスの実態からです。 現在不明ロスの規模は、全世界で約 13 兆円、売上総額の 1.23%を占めていると言われています。国別では多い順に、アメリカ、中国、日本で、金額では日本が約1兆6500億 円、総売り上げの 1.35% 程となっております。此の金額は我が国約 5000 万世帯換算ですと 1 世帯 30,000 円弱の金額を負担させている計算となるのです。 次回掲載予定 【ロス対策は意外に簡単】 1、ロスを出すもの防ぐのも人、1 人 1 人の意識の持ち方次第 2、現実と感覚の差の恐ろしさ 3、防犯カメラではなく接客サポートカメラで運用を!                  代表 望月 守男

BENシステム

お店とお客様を結ぶ強力な<接着剤>
顧客の囲い込みは
【価格】【品質】【品揃え】【サービス】
だけでは、お客様を引き止めることはできません。
超高齢化社会を迎える日本の生活に我々も姿・形を変えて対応しなければなりません。
それがBENシステムです。

監視代行業務!

52年間、磨き上げた鑑識眼がお店の反映をお約束します。
ロスを出すのも防ぐのも、従業員ひとりひとりの意識の持ち方次第です。

そのメソッドは従業員意識を見られているか欲しに変えことがカギなります。しかも客観的に評価されないと継続ません。既設の防犯カメラを接客サポートカメラに表現を変えましょう。
接客サポートカメラの運用は!!
褒めて育ることは被害者意識を良い味での積極参加へ強力に変身させます。

万引きGメンHI-SAT

あらゆるロス原因を徹底排除!利益創出を実現!
HI-SATとは、スリ・万引き等の常習者を年間300件以上の摘発実績を有するGメンの中から、適正試験に合格した者を選抜し約6ヶ月間にわたるHI-SAT特別養成カリキュラムを見事クリアしたスペシャリストによるまさに業界最強部隊です!! セルフレジの不正・常習者の万引・置引・スリ・痴漢・店舗で起こりうる犯罪・迷惑行為による営業妨害など、何でもご相談下さい。

万引きGメンを育成します!

万引きGメンという仕事に興味のある方、意外な方が万引きGメンに向いています。
まずは当社の詳細をご覧下さい。

これからの店舗のロス対策!

ロス対策のパイオニアが明かすロスの発見・対策法
○廃棄や欠品、値引き、万引きといった商品ロス
○店舗の立地や設備、レイアウトなどが原因のロス
○接客サービスや販売促進策の不備からくるロス
企業内ロスは、経営に直結する大問題。ムダと損失を減らして純利益を大幅に向上するロスの発見・対策法を紹介。

仙台エリアのサービスも充実!

仙台や東北各地でのイベントや警備、各種スタッフをお探しの際はご相談ください。

新着情報