2019.05.07

第四回 【ロス対策レポート】~「防犯カメラを接客サポートカメラとしても運用!」~

多くの商業施設を拝見すると、防犯カメラの多さに圧倒されます。形状は様々でもすぐにそれと判るカメラがダミーも含め「何故ここに?」と考えさせられるところにも付けられています。目的は色々あっても、明らかに「防犯目的」とわかる箇所にも私から見て不要と判断することが多く「カメラをつけてさえいれば安心」が透けて見えます。しかし取付完了後に仕切り直しは不可能という現実を考えるなら、せめて運用を防犯とトラブル防止に加え「接客サポートカメラ」として運用されることをお勧めします。

真逆な手法と、とられがちですが結果をイメージしてみましょう。トンネルの出口が見えてきます。感性豊かな方には異空間がはっきりと認識されるでしょう。

次回の万引きロス対策は、「接客サポートカメラとして運用する防犯カメラの絶大な効果あれこれ」で、
を予定しております。

株式会社エスピーユニオン・ジャパン
代表取締役 望月 守男