2018.12.04

第一回 【ロス対策レポート】

私共は、店舗のロス対策(主に量販店)を創業以来 52 年間、多くの企業様と共に取り組み、大きな成果を上げてまいりました。

各企業の体質により若干の時間差は有りましても、ほぼパーフェクトに各問題を解決し、多くのクライアントの業績が向上に転じました事は、最大の喜びで有り、誇りとするところです。

平成 26 年 9 月に九州産業大学の秋山哲男先生と共に、同文館出版社 様より『図解・よくわかるこれからの店舗のロス対策』を出版させて頂きました。
出版後は各企業様より多くの問い合せと御手伝いの要請を頂きました。とかく『ロス対策』と言いますと、暗く後ろ向きのイメージを抱きがちですが、私共は逆転の発想から、『明るく楽しく事を進め、確実に成果を上げる』を基本スタンスとして取り組んでおります。「どんな場合でも解決の 方法は有るのです!」
 そこで、ホームページリニューアルとともに、このページを通じ、私共の経験を『ロス対策レポート』として月に1~2回程のペースで掲載させて頂きます。参考として頂ければ幸いです。
掲載内容については『チャンスロスの問題』も含めて御案内いたします。始めは、小売業 に於ける不明ロスの実態からです。

現在不明ロスの規模は、全世界で約 13 兆円、売上総額の 1.23%を占めていると言われています。国別では多い順に、アメリカ、中国、日本で、金額では日本が約1兆6500億
円、総売り上げの 1.35% 程となっております。此の金額は我が国約 5000 万世帯換算ですと 1 世帯 30,000 円弱の金額を負担させている計算となるのです。


次回掲載予定
【ロス対策は意外に簡単】
1、ロスを出すもの防ぐのも人、1 人 1 人の意識の持ち方次第
2、現実と感覚の差の恐ろしさ
3、防犯カメラではなく接客サポートカメラで運用を!

                 代表 望月 守男